整理後にカード払いしたい場合

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録される、いわゆる「ブラックリスト」の状態になります。任意整理の場合ですと5年間は新規にクレジットカードやローンカードの発行、その他ローン契約を締結することができません。

 

しかし、現在の世の中でカードの1枚くらいは持っておきたいもの。何とかいい方法はないのでしょうか。

 

デビットカードという方法

その解決方法として、デビットカードがあります。デビットカードとは、クレジットカードと同様の利便性ながら、口座の残高の範囲でしか利用できないカードです。

 

クレジットカードが口座にお金が入っていなくて利用可能なことから「借金扱い」となるのに対して、デビットカードは借金扱いされません。現金を引き出してそのまま使う感覚ですので、カードの発行で原則として審査がありません。

 

審査がないということは、信用情報機関も関係ないので、任意整理中でもデビットカードならば持てます。

 

ネットショッピングならプリペイドカードも

特にVISAブランドで多いのですが、プリペイドカードを使うのもいいでしょう。コンビニエンスストアなどで購入可能で、ネットショッピングで利用する際にはクレカとほぼ同様の使い勝手です。

 

もちろん、購入の際には審査がありませんので、任意整理後でも使えます。

 

様々な形でクレジットカード同様の使い方ができるようになっているので、借金のことで借金の返済ができそうもないと悩み続けるよりも、まずは専門家に相談をして解決策を探ってください。